川内原発

専門家委座長の解任要求 研究受託問題で県に市民団体など /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州電力川内原発(薩摩川内市)の安全性などを議論する県の専門家委員会座長の宮町宏樹・鹿児島大大学院教授が、九電が3年間で約2億円を負担する研究を受託していた問題で、市民団体「反原発かごしまネット」など4団体は、鹿児島市内でのシール投票結果を踏まえ、宮町座長の罷免を求める要請書を県に提出した。

 投票は5、6月の2日間、鹿児島市の天文…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文365文字)

あわせて読みたい

注目の特集