メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

絵本・紙芝居作家 まついのりこさん=2月12日死去・82歳

=2005年撮影、遺族提供

創作通じ平和を希求 まついのりこさん=2月12日死去・82歳

 「ころころぽーん」「じゃあじゃあびりびり」。聞いただけで子どもが喜びそうな絵本のタイトル。味わいのある線とほのぼのとした絵。「人間が生きていくことの意味、素晴らしさを描きたい」と語っていた。

 和歌山市で生まれ、9歳のとき、経済学者の父が治安維持法違反の疑いで逮捕された。数人の男たちが家中の物をひっくり返していく。不気味な光景が目に焼き付いた。敗戦で父は釈放されたが、1年7カ月に及ぶ獄中生活が体をむしばみ、8年後に他界。「これはと思う一つの道を、しっかり歩いていくんだよ」。病床での言葉を胸に刻んだ。

 「一つの道」に向かって走り出したのは28歳になってから。「どうしても絵本を描きたい」と当時4歳の長…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです