メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

副業、兼業もゆとりを持って

ジーニアスルーツのメンバーとチャットで情報交換しながらプログラミングの作業をする小原聖也さん

 働き方改革の中核を担う、副業と兼業の推進。しかし副業することが残業規制の抜け穴になる恐れがある。「複数の組織で働くこと」を媒介するNPO法人は、「思い通りにコントロールが可能で、ゆとりのある働き方」を推奨する。

 ●残業「公私の支え」

 「4月から基本的に残業は禁止する。やむを得ない場合、労務担当役員の許可を前日までに得ること」。2月上旬、東京都内のIT関連会社は社員向けにこんなメールを一斉に流した。添付文書には、残業が必要な理由をリポートで提出するよう記されていた。

 現在抱えているプロジェクトの状況、残業の必要性に関する同僚2人と所属長の見解(本人直筆)、残業をし…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1952文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  2. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです