メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
はたらく

副業、兼業もゆとりを持って

ジーニアスルーツのメンバーとチャットで情報交換しながらプログラミングの作業をする小原聖也さん

 働き方改革の中核を担う、副業と兼業の推進。しかし副業することが残業規制の抜け穴になる恐れがある。「複数の組織で働くこと」を媒介するNPO法人は、「思い通りにコントロールが可能で、ゆとりのある働き方」を推奨する。

 ●残業「公私の支え」

 「4月から基本的に残業は禁止する。やむを得ない場合、労務担当役員の許可を前日までに得ること」。2月上旬、東京都内のIT関連会社は社員向けにこんなメールを一斉に流した。添付文書には、残業が必要な理由をリポートで提出するよう記されていた。

 現在抱えているプロジェクトの状況、残業の必要性に関する同僚2人と所属長の見解(本人直筆)、残業をし…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1952文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです