メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・サヘル・ローズ

瞳に映る風景 心の居所はどこ?

 裏切られても、それでも信じ続けてしまう。そんな私は昔から考えてしまう。「心の居所」は、いったいどこ? 脳の中? 心臓の中? いいえ、脳ではない気がします。脳は司令室だから脳と心は真逆な思考回路な気がします。

 うん、心は皮膚だと思います。全てを感じ取り、悲しんだり、喜んだり、愛したり、憎んだり。心は人間そのもの全てです。全身全霊で生きようとするのも心。どんな心がいいのか、正解はないです。それぞれの感性と考えが存在します。

 その心がもっとも痛がる瞬間は、裏切り。ズタズタに切り裂かれていく感覚です。信じるにはエネルギーが必要。そして、愛情も信頼もあって「信じる」が生まれてくるのです。日常生活の中で、そこまで心が思える方とは、そう出会えないものです。良いことなのか悪いことなのか分かりませんが、大人になるにつれて目に映る大人の世界には美しい光景と同じぐらい、錆(さ)びついた光景もあります。「人は裏切るもの」。小さい頃にあ…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです