メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

名古屋のみなさん、サンキュー 39回目、白鵬賜杯

【大相撲名古屋場所千秋楽】日馬富士を寄り倒しで破り、優勝を決めた白鵬(左)=愛知県体育館で2017年7月23日、木葉健二撮影

 白鵬が日馬富士を寄り倒して14勝1敗で2場所連続優勝を果たし、優勝回数を自身の歴代最多記録を更新する39に伸ばした。13日目に歴代単独最多とした通算勝利数は1050に達した。

 豪栄道は高安のはたきに屈して負け越し。途中休場の照ノ富士とともに9月の秋場所はカド番で臨む。新大関場所の高安は9勝止まり。関脇で3場所連続勝ち越しが続いていた玉鷲は負け越した。

 三賞は、殊勲賞が稀勢の里と白鵬の2横綱を破った御嶽海で2場所連続2回目の受賞。敢闘賞は、13勝して千秋楽まで優勝争いに絡んだ碧山が、新入幕の2011年九州場所以来2回目の受賞を果たした。技能賞は該当力士がなかった。

この記事は有料記事です。

残り2523文字(全文2808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 山下達郎さん、ライブ映像を初配信へ 「再びライブができるまで違う可能性を」

  3. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです