加計新学部

「疑念の目もっとも」安倍首相、説明不足認識

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会冒頭で、これまでの説明について反省の姿勢を示す安倍晋三首相=国会内で2017年7月24日午前9時2分、小川昌宏撮影
衆院予算委員会冒頭で、これまでの説明について反省の姿勢を示す安倍晋三首相=国会内で2017年7月24日午前9時2分、小川昌宏撮影

 安倍晋三首相は24日午前の衆院予算委員会の閉会中審査で、加計学園の加計孝太郎理事長と友人関係にあることが獣医学部新設に影響したとの指摘に関し、「李下(りか)に冠を正さずという言葉がある。私の友人が関わることで国民の皆様から疑念の目が向けられるのはもっともなことだ。今までの答弁にはその観点が欠けていた。足らざる点があったと率直に認めなければならない」と述べ、説明不足だったとの認識を示した。

 首相はこれまでの説明について反省の姿勢を示した上で、「個別の案件について私が指示することは全くない」とも述べ、政策決定過程で同学園に便宜を図ったことはないとした。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集