加計閉会中審査

潔白主張、安倍首相表情硬く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で学校法人加計学園の獣医学部新設計画について答弁するため挙手する安倍晋三首相=国会内で2017年7月24日午前9時24分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で学校法人加計学園の獣医学部新設計画について答弁するため挙手する安倍晋三首相=国会内で2017年7月24日午前9時24分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める「加計学園」の獣医学部新設を巡る2度目の閉会中審査が24日午前、衆院予算委員会で始まった。早期開学が「総理のご意向」と記載された文部科学省の文書の存在に端を発する一連の問題は、いまだに収束の気配すら見えない。内閣支持率が落ち込む中、果たして首相らの「丁寧な説明」は、国民の理解を得られるか--。【遠藤拓、大場弘行、伊澤拓也】

 「加計(孝太郎理事長)さんとは学生時代からの友人。しかし彼は、私の地位や立場を利用して何かを成し遂げようとしたことは一度もない」。首相は冒頭、自民党議員の質問に答える形で、かんで含めるような口調で、改めて「潔白」を主張した。野党議員からはさっそく「そこまで言うなら(加計氏を)呼ぼう」とヤジが飛ぶ。

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1250文字)

あわせて読みたい

注目の特集