加計新学部

「計画把握は1月」安倍首相、便宜否定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で学校法人加計学園の獣医学部新設計画について民進・大串博志氏の質問に答弁する安倍晋三首相=国会内で2017年7月24日午前11時8分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で学校法人加計学園の獣医学部新設計画について民進・大串博志氏の質問に答弁する安倍晋三首相=国会内で2017年7月24日午前11時8分、川田雅浩撮影

 衆院予算委員会は24日午前、安倍晋三首相らが出席して閉会中審査を開いた。愛媛県今治市で学校法人「加計学園」が獣医学部新設を計画しているのを知った時期について、首相は「今年1月20日の国家戦略特区諮問会議で知った」と述べた。この問題に関する過去の答弁について「足らざる点があったと率直に認めなければならない」と語り、説明不足だったとの認識を示した。一方、同学園に便宜を図ったことはないと改めて否定した。

 民進党の大串博志氏らへの答弁。大串氏は、加計学園の加計孝太郎理事長と首相が過去14回食事やゴルフを共にしたとし、うち6回は昨年7月以降だと指摘。「新設の話がドッと進んだ夏から秋に、これだけ接触している。一度も獣医学部新設が話題に上らないのか」と質問した。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文884文字)

あわせて読みたい

注目の特集