メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都府警

ヒマワリでつなぐ 交通事故防止プロジェクト

「命のヒマワリ」の苗を植える6年生児童と木津署員ら=京都府笠置町の相楽東部広域連合立笠置小学校で、桑田潔撮影

 ご存じですか。子供たちに命の大切さと交通事故防止を呼びかける京都府警の「ひまわりの絆プロジェクト」。6年前、京都府木津川市内の交通事故で亡くなった東陽大(あずま・はると)君(当時4歳)はヒマワリが大好きだった。事故を担当した木津川署員が陽大君の両親から自宅の庭で咲いたヒマワリの種をもらい、異動先の亀岡署で花を咲かせた。府警はその種を府内の全署などに配布。種を引き継ぎ、大輪の花を毎夏咲かせるプロジェクトが始まった。3年目を迎え、活動の輪は全国の道府県警などに広がっている。今年もまた「命のヒマワリ」が咲く季節になった。【桑田潔】

 今月13日、府南部の山あいにある笠置町の相楽東部広域連合立笠置小学校を訪れた梅田学(がく)・木津署…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです