メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

犬養道子さん96歳=評論家、難民救済に尽力

犬養道子さん 96歳=評論家(7月24日死去)

 難民救済に尽くした評論家の犬養道子(いぬかい・みちこ)さんが24日、死去した。96歳。1932年の5・15事件で暗殺された元首相の犬養毅の孫。白樺派の作家で法相を務めた犬養健(たける)の長女として東京に生まれた。太平洋戦争中にキリスト教の洗礼を受け、48年に渡米後は欧州各地に暮らした。パリ・カトリック大学で聖書学を学んだ。

 海外見聞を記した「お嬢さん放浪記」(58年)で言論界にデビュー。比較生活文化論を展開し、79年に初めてタイの難民キャンプを訪ねた。80年代以降はカンボジアやアフリカ、アフガニスタンなどの難民問題に深くかかわり、「犬養道子基金」を創設して難民への奨学金支給や環境保護活動に奔走した。「国境線上で考える」で89年に毎日出版文化賞を受賞した。

 「人間の大地」「聖書を旅する」など著書多数。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “マイルド化する絵本”への警鐘 過激表現から“逃げない”編集者の想いとは?
  2. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
  3. ストーリー 月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年
  4. 事故 水路などへの転落相次ぎ死亡5件 福山市が注意喚起
  5. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]