内閣支持率続落

菅氏「謙虚に受け止める」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞の全国世論調査で内閣支持率が続落し、26%になったことを受け、菅義偉官房長官は23日、「謙虚に受け止めたい」と記者団に語り、経済再生に取り組んで政権の信頼回復に努める考えを示した。自民党の派閥会長の一人も「支持率回復は簡単ではない。一つ一つ努力を積み重ねるしかない」と述べた。

 ただ、安倍政権の経済施策「アベノミクス」は曲がり角を迎えている。安倍晋三首相が秋の臨時国会の重要課題に掲げる「働き方改革」は、一部の専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を巡って、連合の組織内の調整が難航。政労使合意が遅れそう…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文671文字)

あわせて読みたい

注目の特集