メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

ネット利用を制限へ 下院で採択、モスクワでデモ

「インターネットの自由を」と叫びながら行進するデモ隊=23日、モスクワで杉尾直哉撮影

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア下院は21日、仮想プライベートネットワーク(VPN)の使用を禁じるなどインターネット利用を制限する一連の法案を全会一致で採択した。「違法サイトの閲覧禁止」「テロ対策」が理由だが、反プーチン派の野党は「言論弾圧」と反発しており、23日にモスクワで「ネットの自由」を訴える数千人規模のデモを開いた。

 ロシア政府は近年、ネット規制を強め、今年5月には人気の無料通信アプリ「LINE」(ライン)などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が国内で使えない状態になった。VPNを使えばLINEの利用や規制対象サイトの閲覧ができていたが、今回可決された新法が来年1月に施行された後は不可能となる。また新法はSNS利用者の特定を業者に義務づけているため、匿名でのSNS利用もできなくなる。

 ロシアでは今年3月以降、反プーチン派の野党が呼びかけた反政府デモが相次ぎ、拘束者を多数出した。多くの若者はSNSで連絡を取りデモに参加してきた。23日のデモ参加者の一人で、エリツィン政権時代に経済相を務めたアンドレイ・ネチャーエフ氏(64)は毎日新聞に「ロシアの主要メディアは反政府デモなどについてほとんど報じず、ネットだけが言論の自由を保障する砦(とりで)となってきた。制限は許されない」と語った。

 野党は来年3月に想定される露大統領選挙へ向け、勢力結集を図るが、SNS規制が強化されれば、大きな打撃となる。

 プーチン大統領は21日、露南部ソチで開かれた青少年との対話集会で「現在、ロシアでは、いかなる検閲もなされていない。インターネットの自由は保障されなければならないが、他のいかなる分野と同様、社会や国家の規制下に置かれなければならない」と述べ、ネット規制を維持する姿勢を示した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
  2. タクシー セダンからミニバンへ 次世代型で街中一変
  3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
  4. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
  5. 基礎控除 高所得者減額検討 2500万円超はゼロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]