メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨

このままお別れ? 杷木2小学校、来春統廃合

 九州北部豪雨で大きな被害が出た福岡県朝倉市で、濁流に襲われるなどした杷木(はき)地区の小学校で復旧の見通しが立っていない。来春統廃合される市立4小学校は、今年度が通い慣れた校舎で過ごす最後の年。しかし、大量の土砂や流木が流れ込んだ松末(ますえ)小や崖崩れが起きた志波(しわ)小では、夏休み明けも仮設校舎通いが長引きそうだ。

 杷木地区の杷木、久喜宮(くぐみや)、松末、志波の4小学校は、来年4月から杷木中学校の敷地内に建てられる新しい小学校に統合予定だ。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです