メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 首相「答弁の整理不十分」 把握時期に矛盾 参院閉会中審査

質問に答える安倍晋三首相=佐々木順一撮影

 安倍晋三首相は25日午前、参院予算委員会の閉会中審査で、学校法人「加計(かけ)学園」による獣医学部新設計画について、事業主体が同学園だと初めて知ったのは1月20日の国家戦略特区諮問会議だったと改めて表明した。しかし、民進党の蓮舫代表は通常国会の答弁と整合性がとれないと追及。首相は「整理が不十分だった。厳密さを欠いていた」と釈明し、前の答弁を事実上修正した。

 首相は、自民党の青山繁晴氏の質問に「2年前の11月から、議長を務める国家戦略特区諮問会議で議論が進む中、(愛媛県)今治市が獣医学部新設を提案していることを知った。しかし、その時点でもその後のプロセスでも、事業主体が誰かについて今治市から説明はなく、加計学園の計画は承知していなかった」と答弁。1月20日に把握したという24日の衆院予算委での説明を踏襲した。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法人税と所得税の不公平是正で消費減税はできる

  2. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 九州の温泉地、更なる落ち込みにおびえ「いつまで持ちこたえられるか分からない」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです