メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 女200個メ、大橋銀

 【ブダペスト村上正】水泳の世界選手権は第11日の24日、当地で行われ、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で初出場した21歳の大橋悠依(ゆい)=東洋大=が日本新記録の2分7秒91で銀メダルを獲得した。この種目の日本勢では前回大会銀の渡部香生子(早大)に続くメダル獲得となった。16歳の今井月(るな)=愛知・豊川高=は2分9秒99で5位。優勝は昨夏のリオデジャネイロ五輪金メダルのカティンカ・ホッスー(ハンガリー)で2分7秒00だった。

 女子100メートル平泳ぎ準決勝は鈴木聡美(ミキハウス)が11位、青木玲緒樹(れおな)=ミキハウス=…

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです