LRT

意見交換 オープンハウス常設へ 宇都宮市 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇都宮市の佐藤栄一市長は24日、同市などが進めている次世代型路面電車(LRT)計画について、市民と意見交換できる常設型オープンハウスを設置することを明らかにした。

 LRT計画は昨年11月の市長選の争点となり、反対派の新人候補が得票を伸ばしたことで、市民に反対意見が相当数あったことが浮き彫りになった。

 この日の定例会見で、佐藤市長は「実際にどう利用するかや、交通体系が変化することなど、説明を続けていかなければ効果は生まれない」と強調。「なるべく質問の機会をとって双方向の意見交換ができる場をつくる努力をしていかなくてはならない」と、オープンハウス設置の意図を説明した。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文524文字)

あわせて読みたい

注目の特集