メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かっぱハウス

14年ぶり再開 銚子、土日祝日に /千葉

14年ぶりに一般公開が再開された「大内かっぱハウス」=銚子市中央町で

 銚子市の利根川沿いにあるかっぱ資料館「大内かっぱハウス」が22日、14年ぶりに一般公開を再開した。

 かっぱハウスは元銚子市長の大内恭平さん(85)の所蔵するかっぱの絵画や置物、石像など約4000点を展示。2000年に開館したが、来場者の減少などで03年から一般公開を休止していた。

 銚子市の活性化に協力する情報処理サービ…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 特権を問う 生活水源から発がん性物質 汚染源は米軍? 立ち入り調査に高い壁

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです