特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

千葉県立安房高校/7 制服に残る「女子校の誇り」 島田順子さん /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆ファッションデザイナー・島田順子さん

1960年度卒

 2008年に安房高に統合された女子校、安房南高は、1907(明治40)年に安房郡立女子技芸学校として設立され、何度も学校名を変更しながら地域の女子教育の中心を担った。校名が安房二高だった当時の卒業生に、パリ在住の世界的なファッションデザイナー、島田順子さん(76)=60年度卒=がいる。ほぼ一世紀にわたり2万2000人余の卒業生を送り出した女子校の統合に際し、OGたちは島田さんに新生・安房高の女子制服のデザインを依頼した。「女子校の誇り」は、制服の形で、今も安房高に生き続けている。【中島章隆】

 私が入学したころの校名は安房二高でした。当時は校門まで長く美しい桜並木が続いていました。校舎内はピカピカに磨き上げられた廊下に、プリーツスカートが映る。そんな魅力にあふれた学校でした。

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2252文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集