メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連携協定

環境保全を醸成し地方創生進めよう 妙高市と「モンベル」 /新潟

環境をテーマに話し合う(左から)辰野会長と入村市長、中山所長=妙高市で

 妙高市とアウトドア用品大手「モンベル」(大阪市西区)は22日、同社のノウハウを活用して、自然体験を通して環境保全意識を醸成することなど7項目からなる「地方創生に向けた相互連携・協力に関する包括協定」を結んだ。入村明市長は「お互いが持つ資源を生かして、地方創生を進めたい」と抱負を述べた。県内で同社と…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  4. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  5. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです