メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウエディングケーキコンテスト

理想のウエディングケーキ披露 関西国際大 /兵庫

グランプリに選ばれたケーキを囲む(左から)「レーブドゥシェフ」の村上健太シェフ、受賞者の森田泉さん、企画リーダーの藤澤彩さん、佐野靖夫シェフ=兵庫県尼崎市潮江1の関西国際大学で、山本未来撮影

 関西国際大学の尼崎キャンパス(尼崎市潮江1)で22日、学生が企画した「ウエディングケーキコンテスト」が開かれた。この日はオープンキャンパスの見学会が開かれており、訪れていた高校生たちにも切り分けたケーキが振る舞われた。

 コンテストは、ブライダルコース専攻の学生たちが企画。流通科学大学との共催でケー…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 新型コロナ休校でお子さんは疲れていませんか? 親が子供にやってはいけないこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです