JAL折り紙ヒコーキ教室

折り紙飛行機、天高く 宇陀・正定寺で開催、80人参加 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
出来上がった紙飛行機を飛ばす子どもたち=奈良県宇陀市の正定寺で、山本和良撮影
出来上がった紙飛行機を飛ばす子どもたち=奈良県宇陀市の正定寺で、山本和良撮影

 宇陀市室生向渕(むこうぢ)の正定(しょうじょう)寺(東森尚人住職)で、県内外の親子連れら約80人が参加した「JAL折り紙ヒコーキ教室」があった。参加者は専用の折り紙(A4サイズ)で2種類の紙飛行機作りに挑み、出来上がると飛ばして楽しんだ。

 教室は日本航空が社会貢献の一環として、全国各地の主に学校や公民館などで年間約200回開いている。東森住職が「子供にも…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

注目の特集