メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

大和ハーブ協会代表理事 小倉聡さん /奈良

「大和当帰の葉を使った料理を広めたい」と語る小倉聡さん=奈良県生駒市で、和田明美撮影

大和当帰葉、普及に意欲 小倉聡さん(59)=生駒市

 2015年、農家らと「大和ハーブ協会」を設立し、品質向上と販路拡大に向けた活動を開始。大和当帰(とうき)を使ったドレッシングなどの食品のほか、入浴剤などの商品約20品目を開発している。今年6月には大和当帰の生葉を野菜として売り始めた。

 14年、JR奈良駅の「奈良のうまいものプラザ」の開店祝賀パーティーで、当帰を使った中国の薬膳料理を振る舞った。これを機に、県産薬草の販路拡大を進める県の担当者から「大和当帰の葉を使った食品開発をしてほしい…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  2. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  3. 金曜ロードSHOW! 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が地上波初放送 ノーカットで
  4. 高齢夫婦殺傷 殺人未遂容疑で15歳孫逮捕 埼玉県警
  5. 露大統領 平和条約締結提案、日本が拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです