メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺被害

40、50代急増 件数、金額 半年で昨年超える 架空請求、電子マネーからむ手口 /広島

 振り込め詐欺や還付金詐欺などの特殊詐欺に、40、50代で被害者となるケースが増えている。2017年1~6月の上半期に、県内で40代が28人、50代は22人が被害に遭い、昨年1年間の被害数(40代17人、50代22人)を超えるペースだ。背景には、パソコンや携帯電話でだまし、電子マネーを悪用する手口の増加がある。電子マネー詐取は1~6月に59件約1918万円に上り、昨年1年間(47件計約1562万円)を既に超えた。県警の佐藤百実(ももみ)・減らそう犯罪情報官は「若い世代の被害も増えてきており、社会全体で防ぐ必要がある」と訴える。【松井勇人】

 県警のまとめによると、65歳未満の被害は「有料サイトの利用料を払え」などの架空請求が中心。パソコンやスマートフォンを閲覧中に警告や表示が画面に現れて支払いを要求するものや、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)で請求を送りつけ、電話を掛けさせるなどの手口が多い。さらに、アマゾンギフトカードなど手軽に入手できる電子マネーを購入させて認証番号を聞き出したり、コンビニエンスストアのマルチメディ…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 千葉・市川市立の全小中を休校 フィットネスクラブ利用の3人感染判明で

  5. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです