メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダンPKO

日報問題 首相、稲田氏の罷免否定 要職起用、任命責任に直結 衆院閉会中審査

衆院予算委員会で答弁に臨み挙手する稲田朋美防衛相=国会内で24日午後2時23分、小川昌宏撮影

 安倍晋三首相は24日の衆院予算委員会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報問題を巡り、稲田朋美防衛相を罷免しない考えを明らかにした。稲田氏は防衛相として過去に言動がたびたび批判されてきた。それにもかかわらず8月3日に予定する内閣改造まで守らざるを得ないところに、稲田氏を重用してきた首相の苦しさがある。【木下訓明】

 陸自は、当初廃棄したと説明した日報の電子データを保管していたことを2月中旬に稲田氏に報告したと主張。稲田氏は報告を否定している。首相は予算委で、稲田氏の即時罷免を求めた民進党の大串博志政調会長に対し、「稲田氏は説明責任を果たすべく努力してきた。引き続き徹底的な調査を行い、再発防止を図ることで責任を果たしてほしいと考えている」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです