メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダンPKO

日報問題 首相、稲田氏の罷免否定 要職起用、任命責任に直結 衆院閉会中審査

衆院予算委員会で答弁に臨み挙手する稲田朋美防衛相=国会内で24日午後2時23分、小川昌宏撮影

 安倍晋三首相は24日の衆院予算委員会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報問題を巡り、稲田朋美防衛相を罷免しない考えを明らかにした。稲田氏は防衛相として過去に言動がたびたび批判されてきた。それにもかかわらず8月3日に予定する内閣改造まで守らざるを得ないところに、稲田氏を重用してきた首相の苦しさがある。【木下訓明】

 陸自は、当初廃棄したと説明した日報の電子データを保管していたことを2月中旬に稲田氏に報告したと主張…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです