メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 衆院予算委閉会中審査 詳報

 ◆首相「疑念の目もっとも」

小野寺五典氏 自民

 小野寺五典氏 単刀直入に聞く。安倍晋三首相は「加計学園」理事長の加計孝太郎氏と長年の友人で、何らかの便宜を図ったのではないかと思っている国民が多い。首相は獣医学部新設について、加計氏から相談や依頼を受けたことがあるか。

 安倍晋三首相 「李下(りか)に冠を正さず」という言葉がある。私の友人が関わることなので、国民から疑念の目が向けられることはもっともだ。思い返すと私の今までの答弁でその観点が欠けていた。足らざる点があったと率直に認めねばならない。国民目線に立ち、丁寧に説明を重ねる努力を続けていきたい。

 加計氏は学生時代からの友人だ。しかし彼が、私の地位や立場を利用して何かを成し遂げようとしたことはただの一度もない。獣医学部新設の働きかけや依頼は全くなかった。

この記事は有料記事です。

残り6100文字(全文6456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです