在日米軍再編

沖縄県、差し止め再提訴 辺野古移設工事 知事「許可は必要」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、沖縄県は24日、国が県の許可を得ないまま工事を進めるのは違法として、移設工事の差し止めを求める訴訟を那覇地裁に起こした。判決までの工事中断を求める仮処分も申し立てた。辺野古の埋め立て承認の取り消しを巡る訴訟で県側敗訴が昨年12月に最高裁で確定したが、国と県の対立は再び法廷闘争に入った。

 翁長雄志(おながたけし)知事は県庁で記者会見し「埋め立て承認という手続きの一つに関する最高裁判決が出たからといって以後の手続きも自由にやってよいことにはならない」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文506文字)

あわせて読みたい

注目の特集