特集

公文書・加計学園問題

毎日新聞デジタルの「公文書・加計学園問題」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 閉会中審査 記録ない、記憶もない 20回 逃げの答弁連発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で安倍晋三首相(右手前)の答弁を聞く和泉洋人首相補佐官(奥前列左端)と前川喜平・ 前文部科学事務次官(同左から5人目)=24日、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で安倍晋三首相(右手前)の答弁を聞く和泉洋人首相補佐官(奥前列左端)と前川喜平・ 前文部科学事務次官(同左から5人目)=24日、川田雅浩撮影

 「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡り、24日に衆院予算委員会で行われた閉会中審査。政府側の関係者たちは「記憶にない」「記録に残っていない」といったフレーズを連発した。識者からは「説得力がない」「水掛け論だ」と批判が上がっている。【遠藤拓、大場弘行】

 「どういう文書があるんですか? (答えは)『ありません』、そればかりだ」。民進党の今井雅人氏は語気を強めた。毎日新聞が「記憶にない」「覚えていない」「記録がない」といった記憶や記録の不存在を説明する政府側答弁を数えたところ、確認できただけで計20回飛び交った。

 首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官は、国家戦略特区に指定される前に愛媛県今治市の課長らと面会したかを問われ、「覚えていないので申し上げようがない」と説明。同趣旨の発言を今井氏への答弁だけで少なくとも7回している。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1518文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集