メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
インテックス大阪

開業30年超、岐路 IRと併存か、廃止か 市が検討開始

インテックス大阪

 大阪市などは、人工島の咲洲(さきしま)(同市住之江区)にある西日本最大級の国際展示場「大阪国際見本市会場」(インテックス大阪)の存廃についての検討を始めた。開業から30年超で大規模改修の時期を迎えているが、大阪府・市は隣の夢洲(ゆめしま)にカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を進め、インテックスを上回る10万平方メートル規模の国際会議場や展示場の進出が見込まれる。ただ、IRは実現しても数年先のため、改修か廃止かで揺れている。【藤顕一郎】

 市は今月3日、インテックスの今後のあり方についての検討会を設置した。専門家や民間事業者などをメンバ…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文790文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです