メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インテックス大阪

開業30年超、岐路 IRと併存か、廃止か 市が検討開始

インテックス大阪

 大阪市などは、人工島の咲洲(さきしま)(同市住之江区)にある西日本最大級の国際展示場「大阪国際見本市会場」(インテックス大阪)の存廃についての検討を始めた。開業から30年超で大規模改修の時期を迎えているが、大阪府・市は隣の夢洲(ゆめしま)にカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を進め、インテックスを上回る10万平方メートル規模の国際会議場や展示場の進出が見込まれる。ただ、IRは実現しても数年先のため、改修か廃止かで揺れている。【藤顕一郎】

 市は今月3日、インテックスの今後のあり方についての検討会を設置した。専門家や民間事業者などをメンバーに非公開で開催し、府市のIR推進局もオブザーバーで参加する。今年度中に意見を取りまとめる方針だ。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです