メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相「答弁の整理不十分」 1月の把握を強調

参院予算委員会で民進党の蓮舫代表の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2017年7月25日午前10時23分、佐々木順一撮影

 安倍晋三首相は25日午前、参院予算委員会の閉会中審査で、学校法人「加計(かけ)学園」による獣医学部新設計画について、事業主体が同学園だと初めて知ったのは1月20日の国家戦略特区諮問会議だったと改めて表明した。しかし、民進党の蓮舫代表は通常国会の答弁と整合性がとれないと追及。首相は「整理が不十分だった。厳密さを欠いていた」と釈明し、前の答弁を事実上修正した。

 首相は、自民党の青山繁晴氏の質問に「2年前の11月から、議長を務める国家戦略特区諮問会議で議論が進む中、(愛媛県)今治市が獣医学部新設を提案していることを知った。しかし、その時点でもその後のプロセスでも、事業主体が誰かについて今治市から説明はなく、加計学園の計画は承知していなかった」と答弁。1月20日に把握したという24日の衆院予算委での説明を踏襲した。

 これに対し、蓮舫氏は先の通常国会での質疑を基に首相を追及した。

 6月16日の参院予算委では、社民党の福島瑞穂氏が「加計学園が今治市に獣医学部をつくりたいことをいつから知っていたか」と質問した際、首相は「(小泉純一郎内閣時代に創設された)構造改革特区で申請されたことを私は承知していた」と答えていた。

 また、6月5日の参院決算委では、民進党の平山佐知子氏の質問に対し、「安倍政権になり、(加計学園が)国家戦略特区に今治市とともに申請を出した段階で承知した」と述べた。

 今治市は2015年6月に国家戦略特区での獣医学部新設を提案。加計学園は今年1月10日、特区での獣医学部新設に応募した。こうした経緯を踏まえ、蓮舫氏は「いずれにしても1月20日ではない」などと首相の答弁の矛盾を指摘した。

 首相は「福島氏や平山氏に答えたことと中身に違いがあったのは不十分だった。整理したところ、加計学園と今治市に混同があり、おわびしなければならない」と陳謝。1月10日の応募段階では特区諮問会議の議題にはならないとして、自身が把握した時期を「1月20日だと重ねて申し上げたい」と述べた。

 これに関連し、山本幸三地方創生担当相は25日午前の記者会見で、「1月20日以前に、加計学園が意欲を示していることについて首相と話したことはあるか」という質問に「一切ない」と否定した。そのうえで、山本氏が知ったのは昨年9月7日だと改めて説明した。【光田宗義】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元特攻隊員 形見「いらん」 父の怒り、親になり知る
  2. 夏の高校野球 本塁打大会新・中村7打点 広陵が決勝進出
  3. 温泉施設 洗い場やジェットバスが泡だらけ いたずらか
  4. 「見た目」問題 就職や仕事で感じる偏見、どう克服
  5. 人生相談 30歳上の彼と結婚すべき?=回答者・渡辺えり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]