メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院閉会中審査

飛び交うヤジ激しく 首相、防戦に終始

参院予算委員会で民進党の蓮舫代表の質問に対する自身の答弁について委員長席に集まる与野党理事たちを見つめる安倍晋三首相(奥右)=国会内で2017年7月25日午前10時47分、佐々木順一撮影

 「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、安倍晋三首相が25日の参院予算委員会でも、計画を知ったのは「今年1月20日」だったと答えた。首相の「丁寧な説明」によって政府・与党は議論の収束を図る構えだったが、この答弁を受け、野党側は「疑惑は明らかになっていない」と追及を強め、飛び交うヤジもいよいよ激しくなった。【遠藤拓、大場弘行、伊澤拓也】

 民進党の蓮舫代表が、新設計画の事業主体が加計学園であると首相が知った時期について、先月の国会答弁との矛盾を指摘すると、首相は「急な質問だった」と防戦に追われた。追い打ちをかけるように、野党側から激しいヤジが飛んだ。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです