PKO日報問題

首相、稲田防衛相の罷免否定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で、防衛省に関連する質問で答弁する安倍晋三首相(手前)を見つめる稲田朋美防衛相=国会内で2017年7月24日午前11時21分、小川昌宏撮影
衆院予算委員会で、防衛省に関連する質問で答弁する安倍晋三首相(手前)を見つめる稲田朋美防衛相=国会内で2017年7月24日午前11時21分、小川昌宏撮影

衆院閉会中審査

 安倍晋三首相は24日の衆院予算委員会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報問題を巡り、稲田朋美防衛相を罷免しない考えを明らかにした。稲田氏は防衛相として過去に言動がたびたび批判されてきた。それにもかかわらず8月3日に予定する内閣改造まで守らざるを得ないところに、稲田氏を重用してきた首相の苦しさがある。

 陸自は、当初廃棄したと説明した日報の電子データを保管していたことを2月中旬に稲田氏に報告したと主張。稲田氏は報告を否定している。首相は予算委で、稲田氏の即時罷免を求めた民進党の大串博志政調会長に対し、「稲田氏は説明責任を果たすべく努力してきた。引き続き徹底的な調査を行い、再発防止を図ることで責任を果たしてほしいと考えている」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1144文字)

あわせて読みたい

ニュース特集