7月24日

初のテレワーク・デー 企業・団体6万人活用

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
閑散としたオフィスの机には「本日テレワーク中」との目印が=東京都千代田区の明治安田生命保険本社で24日午前10時過ぎ
閑散としたオフィスの机には「本日テレワーク中」との目印が=東京都千代田区の明治安田生命保険本社で24日午前10時過ぎ

 2020年の東京五輪開幕日となる7月24日、首都圏の混雑緩和などを目的とした初めての「テレワーク・デー」が実施された。政府の呼びかけで東京都内を中心に900以上の企業・団体が参加。約6万人がIT機器を活用し、自宅など職場以外の場所で働いた。テレワークは「働き方改革」としても企業や官公庁での広がりに期待がかかるが、普及には課題も残る。

 明治安田生命保険は、本社勤務の約110人が時差出勤や在宅勤務を実施。電話を取り次ぐために数人が出社しただけの人事部のオフィスは、朝から閑散としていた。通常通り出勤した津田佑子さん(27)は「上司宛ての電話5件ほどに対応したが、メールでの返事で了承してもらうことができた。困ったことは全くなかった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1106文字)

あわせて読みたい

注目の特集