メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡県

ウナギを禁漁に 8月17日までパブコメ実施

 静岡県はウナギの資源保護を目的に、県内の河川や湖などで、毎年10月から2月にかけてウナギを禁漁する方針を決め、8月17日まで県民から意見を募るパブリックコメントを行う。県内で最もウナギがとれる浜名湖は漁業法で「海」と位置づけられるため禁漁の対象外となるという。

 ニホンウナギは乱獲などで漁獲量が減少し、絶滅危惧種に指定されている。10~2月はウナギが産卵のために川や湖を下る時期。禁漁によって親ウナギを保護し、稚魚のシラスウナギを増やす効果を期待している。

 パブリックコメントを踏まえ、9月上旬に禁漁が決まる見通し。決定すれば10月から県内全域でウナギをとれなくなる。県内でウナギの漁業権を持つ15漁協はすでに禁漁期を設定しているため、今回、新たに対象となるのは一般の県民だ。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです