福島3号機

機器などにデブリか ロボット撮影4分間動画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

東京電力が新たに公開

 東京電力は24日、福島第1原発3号機の事故で溶け落ちた燃料(燃料デブリ)などの状態を調べるため、原子炉格納容器内でロボット撮影した新たな動画約4分間を公開した。機器や骨組みなどにデブリとみられる溶岩のような塊があちこちに付着している様子が映っていた。

 ロボットはがれきの間を縫うように水中を進み、原子炉の真下にある機器な…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

注目の特集