政府

SPEEDI、利用避難に「不確実性やリスクある」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は24日、局長級職員でつくる原子力災害対策関係府省会議を開き、原発事故時に放射性物質の拡散を予測するSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)を、避難のタイミングや方向の決定に使うには不確実性やリスクがあるとする見解を改めて確認した。

 SPEEDIを巡っては、原子力規制委員会…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

あわせて読みたい

注目の特集