メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

現代風にアレンジ「東京五輪音頭-2020-」

組織委が制作発表

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、1964年東京五輪当時に人気のあった「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭-2020-」の制作を発表した。加山雄三さん、石川さゆりさん、若者に人気のある竹原ピストルさんが歌う。全国の夏祭りなどで活用してもらい、大会機運を盛り上げる。

 この日は東京都内ですべての歌詞、冒頭のフレーズと振り付けが披露された。前回大会と開催の理念や時期などが違うため歌詞の一部は変更された。パラリンピックを重視するため、曲の1番から4番まで「五輪」と「パラリンピック」の歌詞を交互に登場させた。新たに作詞して加えた5番は二つの大会への思いをまとめた。

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. #セカンドキャリア 「便はダイヤモンドより価値がある」 起業したサッカー元日本代表の挑戦

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 全国の高校生が生け花「バトル」 事前収録の動画で腕前競う 高松

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです