特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪

新音頭に三波さん長女「父が歌い続けよかった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「東京五輪音頭」について語る三波春夫さんの長女美夕紀さん。手に持った写真は東京五輪音頭を歌う三波春夫さん=東京都港区で2017年7月24日、長谷川直亮撮影
「東京五輪音頭」について語る三波春夫さんの長女美夕紀さん。手に持った写真は東京五輪音頭を歌う三波春夫さん=東京都港区で2017年7月24日、長谷川直亮撮影

元の音頭、意気揚々と歌い上げる三波さんが圧倒的に人気

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、「東京五輪音頭-2020-」の制作を発表した。加山雄三さん、石川さゆりさん、竹原ピストルさんが歌う。1964年の東京五輪音頭をヒットさせ、2001年に77歳で亡くなった三波春夫さんのマネジャーだった長女の美夕紀(みゆき)さん(58)が24日、毎日新聞の取材に応じて「音頭を受け継いでもらえるのはうれしい。父が歌い続けてきてよかった」と感慨深げに語った。

 当時の東京五輪音頭は他の芸能人も歌ったが、成功への願いを込めて意気揚々と歌い上げる三波さんが圧倒的に人気だった。64年1月の後援会会報で三波さんは「(五輪は)何百年の後にしか日本には回ってこないのですから、世紀の大行事と言えましょう」と高揚した気持ちを伝えている。美夕紀さんは「まさか半世紀後に開催するとは思っていなかったのでは」と、父を懐かしむように話した。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文641文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集