メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界水泳

大橋悠依が銀メダル 女子200m個人メドレー

 【ブダペスト村上正】水泳の世界選手権は第11日の24日、当地で行われ、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で初出場した21歳の大橋悠依(ゆい)=東洋大=が日本新記録の2分7秒91で銀メダルを獲得した。この種目の日本勢では前回大会銀の渡部香生子(早大)に続くメダル獲得となった。16歳の今井月(るな)=愛知・豊川高=は2分9秒99で5位。優勝は昨夏のリオデジャネイロ五輪金メダルのカティンカ・ホッスー(ハンガリー)で2分7秒00だった。

 男子100メートル平泳ぎ決勝は小関也朱篤(やすひろ)=ミキハウス=が59秒10で4位。世界記録保持…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです