メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐつなぐ

文学座80周年/7 俳優・栗田桃子 “先生付き”貴重な体験

栗田桃子さん=西本勝撮影

 <ピュアなたたずまいに芯の強さを秘め、文学座内外で活躍する栗田桃子。80周年の今年は、9月のアトリエの会「冒した者」(三好十郎作、上村聡史演出)と、10月の本公演「鼻」(別役実作、鵜山仁演出)に続いて出演する。くしくも「鼻」は1994年の初演が初舞台である>

 まだ研修生で、21歳くらい。初舞台を踏んだ作品にまた巡り合うなんて、聞いた時はびっくりしました。面白いし、ありがたいと思います。さすがに役は違いますが(笑い)。演出家も変わり、まったく新しい作品になると思います。「冒した者」では初めて三味線に挑戦します。

 <文学座研究所に入ったのは92年。同期には内野聖陽や寺島しのぶがいた>

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです