メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「こんな人たち」とも議論?=与良正男

 国民世論がいつも正しいわけではない。でも政治を変えるのはやはり国民だ。そんな思いを強くする。

 「加計学園」問題を中心に行われた衆参予算委員会の閉会中審査。自らヤジを飛ばすのも控え、相手を見下すような薄ら笑いを浮かべるのでもなく、安倍晋三首相が一転して低姿勢だったのは、東京都議選で自民党が惨敗し、その後も内閣支持率の急落が続いているからだろう。

 首相は都議選での応援演説の際に「辞めろ」と連呼した街頭の聴衆に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と声を張り上げた点についても「批判する人たちを排除したり一切目を向けないということではない。そう捉えられたのであれば不徳の致すところ」と語った。やっと私が書き続けてきたことを分かってもらえたかと歓迎したいところだ。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです