連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

「こんな人たち」とも議論?=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国民世論がいつも正しいわけではない。でも政治を変えるのはやはり国民だ。そんな思いを強くする。

 「加計学園」問題を中心に行われた衆参予算委員会の閉会中審査。自らヤジを飛ばすのも控え、相手を見下すような薄ら笑いを浮かべるのでもなく、安倍晋三首相が一転して低姿勢だったのは、東京都議選で自民党が惨敗し、その後も内閣支持率の急落が続いているからだろう。

 首相は都議選での応援演説の際に「辞めろ」と連呼した街頭の聴衆に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と声を張り上げた点についても「批判する人たちを排除したり一切目を向けないということではない。そう捉えられたのであれば不徳の致すところ」と語った。やっと私が書き続けてきたことを分かってもらえたかと歓迎したいところだ。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文902文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集