連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

生業訴訟って? /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
生業訴訟の判決を前にした決起集会であいさつする中島孝原告団長=福島市仲間町の「ラコパふくしま」で
生業訴訟の判決を前にした決起集会であいさつする中島孝原告団長=福島市仲間町の「ラコパふくしま」で

原発賠償拡大求め 国、東電の事故責任争う

 なるほドリ 10月10日に福島地裁で「生業(なりわい)訴訟」の判決があるって聞いたけど、どんな裁判なの?

 記者 東京電力福島第1原発事故の被災者が国と東電を相手取った全国最大の集団訴訟です。公害訴訟では原告らがスローガンを掲げることもあり「『生業を返せ、地域を返せ!』福島原発訴訟」の略称です。原発事故関連の訴訟は1万2000人以上の避難者らが18都道府県で計約30件起こし、裁判史上屈指の規模になりました。中でも生業訴訟の原告数は3割を占める3864人(提訴時)です。

 請求内容は(1)原告の居住地の空間放射線量を事故前の状態(毎時0・04マイクロシーベルト以下)に原状回復させる(2)原状回復の実現まで1人当たり月5万円の慰謝料を支払う--です。判決は3月17日の前橋地裁、9月22日に予定される千葉地裁に続き3例目になります。

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1519文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集