特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

兵庫大会 報徳、延長制し4強 市西宮降す 関西学院は惜敗 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【市西宮-報徳学園】十回裏報徳学園無死三塁、山本がサヨナラ打=神戸市のほっともっとフィールド神戸で、山本愛撮影
【市西宮-報徳学園】十回裏報徳学園無死三塁、山本がサヨナラ打=神戸市のほっともっとフィールド神戸で、山本愛撮影

 第99回全国高校野球選手権兵庫大会(県高野連など主催)は25日、神戸市のほっともっとフィールド神戸と明石市の明石トーカロ球場で準々決勝4試合があり、4強が決まった。神戸国際大付は1点を守り抜いて関西学院を降し、報徳学園はサヨナラで市西宮との延長戦を制した。明石商は市川に、滝川第二は育英に勝利し、それぞれ準決勝に進んだ。

 26日は休養日で、準決勝は27日。姫路市のウインク球場で午前10時から明石商-滝川第二、午後0時半から報徳学園-神戸国際大付がある。

この記事は有料記事です。

残り1545文字(全文1773文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る