引田城

続100名城に 築城時から残る石垣評価 東かがわ /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
築城時のまま残る石垣を案内してくれる坂東輝則さん=香川県東かがわ市引田で、山口桂子撮影
築城時のまま残る石垣を案内してくれる坂東輝則さん=香川県東かがわ市引田で、山口桂子撮影

 日本城郭協会(東京都)は今春、「続日本100名城」に東かがわ市引田の市史跡、引田城を県内で唯一選んだ。慶長年間(1596~1615年)に築城されたとされ、当時の石垣が残っている点などが評価された。地元では記念ツアーが催され、市やボランティアガイドの関係者らは「次は国史跡を目指す」と、狙いを更に積み上げている。【山口桂子】

 協会は2006年、国を代表する文化遺産で地域の歴史的シンボルでもある城郭や城跡を多くの人に知ってもらおうと「日本100名城」を発表。県内からは高松城と丸亀城が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1087文字)

あわせて読みたい

注目の特集