連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

悲鳴をあげる観光地=中村秀明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 今年の上半期、日本を訪れた外国人は過去最高の1400万人近くになったと政府が発表した。

 観光客が増えるのは、ありがたいことのようだが、世界的に有名な観光地からは「もう、たくさんだ」という声が相次いでいる。

 イタリア・ベネチアは、人口5万あまりの中心市街地に年間2000万人がやってくる。多い日は人口が3倍以上にふくれる。

 運河と小道が迷路のように走る街は、人波が途切れず、夜遅くまで騒々しい。生活の基盤を担う施設や商店は観光客向けになった。住宅価格は上がり、購入はもちろん借りるのも難しい。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文968文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集