メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊・時論フォーラム

劉暁波氏死去/トランプ政権半年/安倍政権

 中国民主化運動の活動家でノーベル平和賞受賞者、劉暁波(りゅうぎょうは)氏が7月13日に死去した。遠藤乾・北海道大教授が、劉氏の問題を糸口に、中国の台頭に伴う経済や安全保障に限らない周辺諸国への影響を論じた。水野和夫・法政大教授は、トランプ政権発足半年を迎えた米国に資本主義の現在を見る。ジャーナリストの森健さんは、安倍内閣支持率低下の一因と見られるさまざまな問題での説明の「不誠実さ」などを突いた。

この記事は有料記事です。

残り4330文字(全文4530文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです