連載

本はともだち

毎日新聞デジタルの「本はともだち」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

本はともだち

障害あっても読む楽しさを 特別支援学校教諭ら、活動記録出版

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
特別支援学校での読み聞かせ活動についての冊子をまとめた生井恭子教諭=東京都江東区の東京都立墨東特別支援学校で
特別支援学校での読み聞かせ活動についての冊子をまとめた生井恭子教諭=東京都江東区の東京都立墨東特別支援学校で

 東京都立墨東特別支援学校の生井恭子教諭(41)らが、障害のある子どもたちへの本の読み聞かせ活動の記録をまとめた「おはなし会がはじまるよ-特別支援学校(肢体不自由校)での図書館活動-」を自費出版した。

 特別支援学校での読み聞かせや図書活動についての記録は少なく、生井教諭は「障害があっても本を楽しんでいる子どもたちの姿をたくさんの人に知ってほしい」と話す。

 墨東特別支援学校で児童生徒に向けて本を読み聞かせる「おはなしの会 うさぎ」は、2012年に始まった。都内の区立図書館に勤務した経験がある生井教諭が、当時の知人のつてをたどり、図書館などで読み聞かせ活動を続けている佐藤凉子さんら3人に打診。メンバーは国語の授業や課外活動の時間に教室を回り、月2、3回のペースで本や紙芝居を使った読み聞かせを続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1179文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集