メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 閉会中審査 あいまい 首相、へりくだってのらりくらり 「1.20」弁明、しどろもどろ

 「丁寧な説明」が一転、苦しい弁明に--。「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、安倍晋三首相が出席して2日間にわたり行われた国会の閉会中審査。25日の首相は、野党側の質問にしばしば言葉を詰まらせた。「総理のご意向」と書かれた文書が発覚して以降、相次いで浮上した数々の疑念を払拭(ふっしょく)することはできず、各地の市民から、徹底的な真相の解明を求める声が上がった。 【遠藤拓、大場弘行、伊澤拓也】

 学園の計画を知ったのが「今年1月20日」だと主張する安倍首相に対し、民進党の蓮舫代表が、先月の国会で首相自らが異なる時期を答弁していたと追及した場面。「私がお答えした全文ですか?」。首相の表情に、動揺が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り1583文字(全文1888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです