メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

禁煙する前年度に入院費7倍 デパート健保調査

1人あたり入院費

 たばこと関係ある病気になった男性喫煙者グループの1人当たり入院費は、禁煙する前年度に約7倍に急増していた。小売業者で作る大規模健保「デパート健康保険組合」(加入者約14万7000人)の調査でわかった。非喫煙者グループの入院費は大きな変化はない。喫煙者は、急激に症状が重くなり、入院する直前までたばこがやめられず、費用が急増したとみられ、早いうちからの禁煙が重要といえる。具体的データが明らかになり、研究者は興味深い結果だとしている。

     デパート健保は中小のスーパー、ドラッグストア、デパートなど全国約300事業所が加入。2015年度に、たばこと関連があるがん、糖尿病、動脈硬化症、脳卒中、高血圧などについて男性加入者の喫煙と医療費の関係をレセプト(診療報酬明細)を分析したところ、以前吸っていて禁煙した人の1人当たり医療費(外来・入院費)が非喫煙者の約2倍あった。

     さらに、12~15年度の男性加入者で同様の病気で治療を受けた延べ約1万4400人を、喫煙状態のグループごとに分け、1人当たりの医療費を追跡した。その結果、非喫煙者(105人)の入院費は、ほぼ変化がないのに、15年度に喫煙から禁煙に変わったグループ(24人)では14年度の入院費は前年度の6.8倍と急増していた。14年度に禁煙に変わったグループでは、12年度の入院が少ないため比較が難しいが、13、14年度の入院費は12年度のそれぞれ数十倍になった。

     データをまとめたデパート健保の冨山紀代美・統括保健師は「健保として医療費が増えるのは困るし、重症になれば生活の質が下がる。禁煙を進めたい」と話す。【斎藤義彦】

    禁煙対策重要…たばこと医療費に詳しい林田賢史・産業医大病院医療情報部長の話

     禁煙前後の医療費が増えているのは重症の病気による入院を機に禁煙したと推測できる。一般論として喫煙は余命を短くし医療費を高額にする。禁煙対策が重要だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風21号 6人死亡、衆院選アルバイト男性も
    2. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
    3. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
    4. 建材落下 兵庫県警本部庁舎から、けが人なし
    5. ゴキブリ 繁殖に雄いらず 雌3匹以上で単為生殖促進

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]