メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エルサレム

「聖地」衝突続く イスラエルとパレスチナ

 【エルサレム高橋宗男】エルサレム旧市街にあるイスラム教とユダヤ教の聖地を巡り、パレスチナとイスラエルの衝突が続いている。イスラエルが「聖地の管理」を変更しようとしているとして、パレスチナ側が反発。イスラエルは25日、衝突の直接の引き金となった聖地入り口の金属探知機を撤去した。混乱の収拾を図る狙いがあるとみられるが、新たな対策を講じる方針を示しており、事態の沈静化につながるかは見通せない。

 イスラエル側は今月14日にイスラエル国籍を持つパレスチナ人3人が警官を銃撃した事件を受けて、16日にイスラム教徒がハラム・アッシャリーフ(高貴なる聖域)=ユダヤ名・神殿の丘=と呼ぶ三大聖地の一つの入り口に、イスラム教徒専用の金属探知機を設置した。

この記事は有料記事です。

残り1276文字(全文1596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 新型コロナウイルス問い合わせ先 /群馬

  5. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです