メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計問題

「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査

参院予算委員会で民進党の蓮舫代表の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2017年7月25日午前10時50分、佐々木順一撮影

 「丁寧な説明」が一転、苦しい弁明に--。「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、安倍晋三首相が出席して2日間にわたり行われた国会の閉会中審査。25日の首相は、野党側の質問にしばしば言葉を詰まらせた。「総理のご意向」と書かれた文書が発覚して以降、相次いで浮上した数々の疑念を払拭(ふっしょく)することはできず、各地の市民から、徹底的な真相の解明を求める声が上がった。【遠藤拓、大場弘行、伊澤拓也】

 「私がお答えした全文ですか?」。安倍首相の表情に、動揺が浮かんだ。民進党の蓮舫代表から、学園の計画…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです